安い楽器でも問題ないんじゃないの?と思ってしまう疑問について(バイオリン・サックス編)

こんにちは!毎度、㈱ワタナベ楽器店 音楽館の斎藤です。


ここでは、ヤマハ大人の音楽レッスン、ワタナベカルチャーコースの案内をしております受付スタッフ斎藤による、ちょっとした投稿をしているブログでございます。


今日は、安い楽器でも、演奏できるんじゃない??というよく寄せられる疑問について斎藤の個人的解釈でお話したいと思います(^^)


まず、第一に私は楽器が大好き。音が鳴るものなら、お土産で売られているオカリナやカリンバも大好き!

だけど、演奏用に作られた楽器ではなくて、お土産用なのですよ。


笛やオカリナ、カリンバを鳴らしてみても、どこか音階がずれている。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド と吹こうと思っても、

ド レ ミ ファ ソ ラ シ(??)ド と鳴ったり、

演奏には全然向いてないじゃん!という事になってしまいがちです。





「初心者セットでケース、弓、その他付属品合わせてネットで3万円のバイオリン買ったんです!」


と言われる方もいらっしゃいます。もちろん、その楽器で弾くことはできます。

※ここが重要!とりあえず『弾くことは』できるのです。


結局半年間レッスンをして、バイオリンの駒という部品が倒れたり、調弦が上手くできなかったり、楽器の木が割れてしまったり…


修理に出して結局3万円以上(楽器代金よりも高い金額)を支払う…というケースもありました。安い楽器だと弾けないという事はありません。しかし、耐久性や何よりも音楽をする上での質、将来の事を考えた時に、いい質のものを買われた方が今後の為にいいのではないかと、私斎藤は感じます。


また、サックスを初心者セットで3万円ほどでネットで購入されたお客様がいらっしゃいました。

それでもレッスンが出来ないわけではありませんが、結局その方は1年後にヤマハの一番リーズナブルなモデルの14万円ほどのアルトサックスを購入されました。


原因は、レッスンで習得していく音がだんだん出にくくなってしまったのです。

また、演奏中に部品が取れてしまい、ある音が全く出なくなってしまったのです。


こちらもバイオリンと同じく、購入当初は吹く事はできるのです。


もちろん、高くなればなるほど楽器の質は上がります。

耐久性はもちろん、響きや遠くに音が届くパワフルさ、小さい音から大きい音までの表現幅の広がり、様々なポイントが楽器の質に直結します。


では、いくらくらいの楽を買えばいいの??

弊社ワタナベ楽器店では、ヤマハの楽器をご購入いただいております。

私、斎藤もヤマハの楽器は大好き!なので、話すると長~くなってしまうので、次回のブログ記事でご紹介したいと思います(^^)/


今回はバイオリンとサックスについて簡単にご紹介しました(^^♪



-----------------------------------------------------

㈱ワタナベ楽器店 音楽館 斎藤

ヤマハ大人の音楽レッスン/ワタナベカルチャーコース

06-6622-8365

大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-29AITビル8F

wgo@cyber.ocn.ne.jp

https://www.ongakukan-music.com/

------------------------------------------------------







240回の閲覧

最新記事

すべて表示

はじめまして山口です

初めまして!音楽館の生徒様とはレッスンの際に直接ご挨拶させて頂いたと思いますが、 タイミングが合わずお会いできていない方もいらっしゃるかもしれないので、斎藤さんのブログを間借りして改めてご挨拶させて頂きます。 今年の1月半ばから勤務している山口と申します。 生まれは静岡です。 静岡は富士山やお茶が有名ですが、他にも掛川にヤマハのピアノ工場があります。 そのおかげか意外と音楽が盛んで、私も子供の頃か

音楽館だより2020年1月号

謹賀新年 みなさま、明けましておめでとうございます! 2020年も突っ走る音楽館の斎藤でございます~! さぁ、やってまいりました令和2年、2020年、東京オリンピーック! そして私は32歳になる歳です。なんだか数字の「2」が多い?にこやかな1年にしたいと思います! さてこの音楽館だよりも何回目なのか数えるのも大変になってきました。たしか2012年に入社させていただき、すぐに音楽館だよりを書いたはず

ADDRESS

大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-29AITビル8F

(あべのキューズモール東向き)

(1Fにファミリーマートのあるビルです)

06-6622-8365

wgo@cyber.ocn.ne.jp

© 2017 by Saito Ayaka -@Watanabe gakkiten ongakukan