楽器好きのさいとうさんが所有しているものユーフォニウムとピーボーンの紹介。

はぁ~い!こんにちは、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!

楽器好きのさいとうさんが持っている楽器をご紹介したいと思います!


まず初めに!


ユーフォニウム!(えっ?UFO?)




こちら、わたしが所有しております、Willsonというメーカの楽器、サテンシルバーインナーベルゴールドというイカしてる楽器を持っています。写真はイメージです。

ですが、私は全然上手くないのです…トホホ( ノД`)

高校の吹奏楽で管楽器に出会い、私の口は金管楽器が合ってると言われ、実際に木管楽器の試奏では全く音が出なかったので、金管楽器になりました。

なんかよぉ分からん楽器やけど、やってみるとドはまりしてしまった大好きな楽器です。

高校時代は、ずっと学校の楽器を使っていましたが、卒業後購入しました(^^♪


今思う事と言えば、今まではwillsonの楽器を持つことにステータスを感じておりましたが、実に間違いでした。吹き切れません!吹きこなせないのです…( ノД`)

初めから自分の息に合わせてYamahaを買っておけばよかったなぁと思うのが少し後悔ですね。

高い楽器だからと言って、じゃぁ自分にとって吹きやすいのか?それは違います。

もちろん、willsonの響きは美しいですし、遠鳴りもバッチリ、まろやかな音色を奏でますが、初心者向けではないと、わたしには感じたのです。


初心者でも、少量の息でもある程度楽器が鳴ってくれるのは、やはりヤマハだなぁと思いました。私の持っているユーフォはベテラン、毎日吹く人向けなのだと悟りましたね、


さぁ、次に!


金管楽器と言ってもホルンやトランペットは口の部分、マウスピースのサイズがユーフォニウムよりも小さいので吹きにくいのです。かといって、チューバにすると違和感大です。同じようなサイズ感で楽しめるのがトロンボーン!トロンボーンをまた購入するとお財布が号泣してしまうので、こちらを買いました。


ピーボーン!P bone












こちらはですね、



こちらはですね、プラスチック製のトロンボーンなのです。

演奏に支障をきたすか? まぁ、練習用、代用品ですよね。とても軽いので、練習にはピッタリです。はぃ。

ただ、楽器自体の響きは真鍮、金属で作られた楽器よりもはるかに響きませんので

のぺ~~っとしています。マウスピースだけでも金属製のものにするだけでちょびっとは良くなりますが…。


おもちゃ、お遊び程度にはすごくいいですよ(*^▽^*)


こんな私が今欲しい楽器は「ウクレレ」です(((o(*゚▽゚*)o)))

これからの季節にピッタリですよね(^^)/

今年の夏までには買います!宣言します(*^▽^*)



-----------------------------------------------------

㈱ワタナベ楽器店 音楽館

ヤマハ大人の音楽レッスン/ワタナベカルチャーコース

06-6622-8365 大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-29AITビル8F

wgo@cyber.ocn.ne.jp

https://www.ongakukan-music.com/

------------------------------------------------------


113回の閲覧

最新記事

すべて表示

はじめまして山口です

初めまして!音楽館の生徒様とはレッスンの際に直接ご挨拶させて頂いたと思いますが、 タイミングが合わずお会いできていない方もいらっしゃるかもしれないので、斎藤さんのブログを間借りして改めてご挨拶させて頂きます。 今年の1月半ばから勤務している山口と申します。 生まれは静岡です。 静岡は富士山やお茶が有名ですが、他にも掛川にヤマハのピアノ工場があります。 そのおかげか意外と音楽が盛んで、私も子供の頃か

音楽館だより2020年1月号

謹賀新年 みなさま、明けましておめでとうございます! 2020年も突っ走る音楽館の斎藤でございます~! さぁ、やってまいりました令和2年、2020年、東京オリンピーック! そして私は32歳になる歳です。なんだか数字の「2」が多い?にこやかな1年にしたいと思います! さてこの音楽館だよりも何回目なのか数えるのも大変になってきました。たしか2012年に入社させていただき、すぐに音楽館だよりを書いたはず

ADDRESS

大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-29AITビル8F

(あべのキューズモール東向き)

(1Fにファミリーマートのあるビルです)

06-6622-8365

wgo@cyber.ocn.ne.jp

© 2017 by Saito Ayaka -@Watanabe gakkiten ongakukan